シーズヒーターの電気代を教えます

シーズヒーターとは何なのかと言いますと、加熱エレメントの事を指していて、構造はニクロム線を金属のさやで被ったようになっている遠赤外線を利用したヒーターです。メーカー各社によってはしーズヒーターではなく、セラムヒートやコアヒーター等という名称で呼ばれていることもあります。所謂電気ストーブの一種という扱いになるので、比較的狭い範囲を暖めるのに特化した暖房器具ということになります。電源を入れてから温まるまでのスピードが早く、ピンポイントであれば直ぐに暖める事ができるというのがメリットですが、逆に言うと暖まる範囲が狭いと言うことになるので、それはデメリットともいえるかも知れません。また、遠赤外線を利用しているのでヒーター部分が赤くなり、直接熱が発生しているので誤って触ってしまうと火傷の恐れがある点は、ご家庭に小さなお子様がいる場合は注意が必要です。

シーズヒーターの電気代はどのくらいなのか

暖房器具を選ぶときに気になるのは、もちろんどの程度暖まることができるのかという点でもありますが、やはり使用した時にかかる電気代だったりガス代であったりも、購入の検討材料となるのではないでしょうか。ヒーターにはシーズヒーターが属する遠赤外線ヒーター以外にファンヒーターやハロゲンヒーターという種類などがありますが、ヒーター同士を比較しても1時間あたりの電気代で言うと左程変わらないのが現実です。ただし月々の電気代は各ヒーターをどの程度使用するのか、どのくらいの時間使用するのかで変わってくるので、その範囲でいうとシーズヒーターはかなり安く済むものになります。具体的な数字で言うと200円ほどから高くても2,000円ほどの範囲です。これがファンヒーターとなると月に10,000円ほどかかる場合もあるので、電気代がどのくらい安く済むかお分かりいただけるでしょう。

シーズヒーターの電気代と使い方の関係

シーズヒーターにはコアヒートとセラムヒートなどの種類がありますが、これらは相場がほとんど変わらないのでシーズヒーター全体の使用料と考えて下さい。先ず1時間あたりの電気代ですが、最小モードでの使用だと1時間あたり8円ほど、最大モードであれば1時間あたり30円ほどの電気代となります。シーズヒーターはピンポイントで使用する暖房器具ですので、帰宅直後に部屋が極端に冷えている時や、寝る前に暖まった部屋で眠る時など長くても2時間ほどの使用時間と見込まれます。そのように使用し最小モードであれば2時間でも1日当たり16円ですので、1ヶ月でも480円ほどで済むことになります。寒さの厳しい時などはモードを最大にすることも考えられますが、そういった時でも2時間で60円、1ヶ月毎日使っても1,800円という範囲なので、他の暖房器具やガス暖房などと比べてもリーズナブルと言えるのではないでしょうか。

お見積りは、弊社HPの「ご相談・資料請求フォーム」からお問い合わせください。 シーズ外径φ1.8mmの「細径シーズヒーター」です。 高い技術力に裏付けされた高品質のヒーターを提供します。 技術相談が必要な場合には、全国へ出張致します。まずはお気軽にご相談下さい。 2009年3月、いばらき産業大賞を受賞しました。環境に配慮した企業活動を推進しています。 ボイラ不要の過熱水蒸気発生器をご覧ください。 シーズヒーター(工業用電気ヒーター)の新熱工業