シーズヒーターの電気代知っていますか

電気暖房器具の中でシーズヒーターは、手軽に使用できる部分暖房として私たちの冬生活を支えてくれます。セラミックヒーターやハロゲンヒーター等他の電気ヒーターと違って、赤外線の放射熱量が多いため、とても暖かさを得られます。また、ハロゲンヒーターは、かなり明るい光が放射され、人によっては苦手の方もいますが、シーズヒーターは、ハロゲンヒーターのような明るさはありません。従いまして、夜間に寝室等のスポット暖房として使用される方もいます。気になるシーズヒーターの電気使用料金は、使用ワット数によって異なりますが、1時間当り約10円から30円となっています。ここ最近は、使用電気料を意識し節電効果の高い機種が発売されており、きめ細かく温度調節が可能でエコモード機能搭載のヒーターが売れ筋となっています。

シーズヒーターを含め電気暖房器具の電気使用料金を比較、検証

冬の寒さに対して快適に過ごすため、シーズヒーターを含む電気暖房器具は必需品であります。そして、使用にあたり最も気になることは、暖房力と経済性と考えます。中でも、経済性は、各種ヒーターごとに使用法も加わり異なってきます。部分暖房を主とした電気器具はとしてシーズヒーターは、暖房強レベルで1時間使用した場合、約27円となります。次に、ハロゲンヒーターは同様条件で約28円、カーボンヒーターも約25円の状況です。一方、部屋全体を暖めるオイルヒーターとエアコンは、約33円から約54円と部分暖房器具の電気料金を大きく上回ります。加えて、エアコンやオイルヒーターは、長時間使用する場合が多く、相反して、シーズヒーター等の部分暖房器具は短時間使用の傾向にあります。最終的にシーズヒーターの年間電気使用料は、家計に優しい優等生と言えます。

シーズヒーターの特徴と経済的使用による電気料金の削減法

部分暖房器具の優等生であるシーズヒーターとは、とても単純でわかりやすい構造の電気暖房器具であります。ニクロム線を包み込み安全性を確保して熱放射を行う仕組みです。最大の特徴は、頑丈で故障し難く、使用寿命が長く、価格も手頃なことです。大変、費用対効果に優れた製品と言えます。気になる電気使用料金は、出力ワット別に1時間連続使用した場合、レベル強で約29円、レベル中は約15円、レベル弱が約7円となっています。この結果から、速暖効果を求めるには高い出力ワットで使用し、その後、中から弱で使用すれば節電効果が得られると考えます。並行して経済的な電気暖房器具であるコタツやホットカーペットを上手に使用すれば、エアコン等の高出力暖房に頼ることなく、電気料金の削減を実現出来ます。