電気代の違いはシーズヒーターから

暖かい時期には必要ないけれど、寒い時期になると欲しくなるのが暖房器具になります。エアコンの暖房や遠赤外線ヒーターやファンヒーター、オイルヒーターなど様々な暖房器具があります。こちらの3つは大きく分けた3種類になります。そこからさらに細かく様々な種類に分かれていきます。ファンヒーターでもわかりやすいものではセラミックファンヒーターや遠赤外線ヒーターではハロゲンヒーター、オイルヒーターであればパネルヒーターなどがよく聞く種類の一つではないでしょうか。こちらの違いは暖める範囲やスピード、消費電力が異なります。今回紹介するシーズヒーターはこの中の遠赤外線ヒーターの種類に属されます。今回はそのヒーターの違いや、消費電力による電気代がどのように変わるのかを紹介していきます。

シーズヒーターは電気ストーブの一種

まず、シーズヒーターは先ほど書いたように、遠赤外線ヒーターの一種です。この遠赤外線ヒーターは、電気ストーブと言われることも多いです。こちらはヘア全体を温めるのは難しく、ヒーター付近にいる人を温めることが出来ます。そのため、部屋全体を温めるにはむずかしいですが、遠赤外線ヒーターのいいところは、温まるスピードが速いとこや、本体価格が他のヒーターに比べると安いところが魅力的です。その中のシーズヒーターは、遠赤外線ヒーターの中で最も、赤外線放出量が多く、温かくなる範囲が大きいです。しかし、そのため遠赤外線ヒーターの中では温まるのに時間が掛かってしまいます。シーズヒーターは、絶縁体で包んでいるニクロム線を金属製のパイプの中に入れているものを用いて作られている遠赤外線ヒーターをシーズヒーターと言われている物です。

シーズヒーターを使用した場合の電気代は

遠赤外線ヒーターの本体は基本的な他のヒーターに比べて安いですが、使用し続けて気になるのは電気代です。本体価格としては、大体5千円から、いいものでも2万円で購入することが出来ます。シーズヒーターは少し遠赤外線ヒーターの中でも少し値段が高めになります。しかし、他のヒーターよりも頑丈で壊れにくいのも特徴です。シーズヒーターを使用した際の電気代は、大分差がありますが、一時間当たり大体10円から30円になり。月々200円から2千円の間におさまる場合が多いです。また、最近は出力の調節できるようなものやエコモードが搭載されたものもあります。そのため、節約にもお勧めです。しかし、遠赤外線ヒーターの一種であるシーズヒーターはやはり、部屋の中までしっかりと暖められるわけではありません。そのため、エアコンの暖房と合わせて使用することがお勧めです。