シーズヒーターの平均電気代とは

暖房器具を使用する季節が近づいてくると、どのタイプの暖房器具を使うのがいいのか悩んでしまうという方も多いのではないでしょう。暖まり方はもちろん、暖房にかかる電気代など気になることも多くなってきます。そんな暖房器具の中でも近年話題に挙がることも多いシーズヒーターは、他のタイプの暖房器具との違いはどのような点にあるのでしょう。シーズヒーターは、カーボンヒーターと同じように遠赤外線ヒーターの一種で、金属管の中にニクロム線を入れて絶縁体を充填した発熱体で暖めてくれるヒーターです。カーボンヒーターは炭素でできた発熱体を使用して暖めるヒーターなので、同じ遠赤外線ヒーターでも発熱体に違いがあります。遠赤外線ヒーターは個人の体を暖めるヒーターなので体の芯から温まることができますが、空気を暖めるものではないので、部屋全体を暖めたいという場合はファンヒーターやエアコンを使うようにした方がいいでしょう。

シーズヒーターを使うメリットはどんなところにあるのか

数多くある暖房器具の中で、シーズヒーターを選ぶメリットにはどのようなことがあるのでしょう。シーズヒーターは遠赤外線で体を暖めてくれる暖房器具のため、遠赤外線効果により体の芯から温めてくれる特徴があります。エアコンやファンヒーターなど部屋全体を暖めてくれる暖房器具でも、人や座っている場所によっては寒く感じることがありますが、シーズヒーターは個人を暖めてくれる暖房器具なので、近くにあればじんわりと体を直接温めてくれます。コンセントさえあればどこでも使用することができるので、好きなところで使用することができ、持ち運んで使うこともできるメリットがあります。また、エアコンやファンヒーターのようにファンやモーターの音もないため、音が気になるという方にもおすすめの暖房器具になっています。

他の暖房器具より電気代は安いのか

暖房器具に限らず、電化製品を使用する場合に気になるのが電気代です。特に暖房器具は、他の電化製品に比べて一日で使用する時間が長く、寒い期間中ずっと使用していることもあるため、電気代が気になる方も多いでしょう。では、エアコンなどと比べるとシーズヒーターの電気代は安くなるのでしょうか。長時間暖房器具を使って暖める場合、エアコンとシーズヒーターを比較すると、エアコンの方が電気代は安くなります。これはエアコンの特徴でもありますが、エアコンは電源を入れてから部屋が暖かくなるまでに時間がかかり、その間の電気代は高くなります。しかし、部屋が暖まってからは消費電力が低くなるため電気代も安くなっていきます。逆にシーズヒーターは、即暖性が高いものの、消費電力が低くなることがなく、長時間であれば電気代は高くなってしまいます。このことから短時間であれば、シーズヒーターを使う方が電気代は安くなるといえるでしょう。